大きいサイズのスキャン専門店ブログ

大阪都構想

11月1日、大阪都構想が否決されました。
選挙前には賛成多数の予想でしたが僅差で今回も否決になりました。

私、何かそんな予感がしていました。
選挙直前になって反対派のネガティブキャンペーンが
非常に印象に残ったからです。
直前の論戦では莫大な移行経費が掛かる、北区の財源が奪われる、
住民サービスが低下する等の反対派意見の打消し説明に終始終わって、
特別区に分けた分権化のメリットは理解できにくかったと思います。
それに「大阪市」がなくなるんですよ!いいんですか!
一度廃止されれば元へは戻せないんですよとの反対派の声に、
迷っている人は不安を煽られたでしょう。
現状維持バイアスという言葉もあります。
プロスペクト理論の損失回避性です。
一般には変化より現状維持が選択されやすいのです、
よほど納得しない限りは。

もともと都構想の主張する最大メリットは市と府の二重行政の解消。
公共施設や水道事業の統一等、
それは一元化する事のメリット説明が明快です。
しかしその点については、
既に多くを大阪維新の行政改革の成果として公表しています。
大阪メトロもその成果でしょう。
府民には、今の形のままでも改革は出来るじゃないかという
認識があったのではないでしょうか。
そしてその後の都構想の目指す発展性については
曖昧な認識になっていたという事だと思います。
中立派の多くは選挙直前に反対に振れたんじゃないでしょうか。
コロナ対応での吉村人気が物語るように
維新行政は府民に支持されている様には思います。
しかしです。

港区生まれの元大阪市民の私としても生まれた土地の呼称が
変わってしまうのには少し寂しさを感じます。
人情だと思います。
が、都構想のその後は見たかった。
堺屋太一さんが唱えた首都機能移転に繋がっていくのか。
奇しくも2025年は大阪万博です。
やってみなければその成否はわかりませんが、
少し残念です。
今は外野の兵庫県民の勝手な感想です。

大阪生まれの兵庫県民としては不思議な事があります。
甲子園は兵庫県西宮市にあるのに大阪の人は
阪神タイガースは大阪のものだと思っている点です。
反対に兵庫県民、特に我が街姫路を中心とする県西部、
播磨地域は比較的阪神ファンが少ない事。
巨人を応援する人が多いのです。
私の友人連中も巨人を熱狂的に応援している人間が多い
(私は非国民め~・・・と呼んでいます)不思議です。
千葉にあるのに東京ディズニーランドと言うのより不思議に思います。
藤川球児が引退しました。
諦めない心、は見習うべきだと感じました。
コロナ感染が世界的にも国内でも拡がってきました。
旅館の廃業、旅行会社の大幅人員削減、いろいろニュースがはいってきます。
諦めずに何とか工夫して事業継続していかねばなりません。