大きいサイズのスキャン専門店ブログ

お疲れモード

暫く前から、右のわき周辺に赤いブツブツができ、痒みとちょっとピリピリした痛みを感じていました。
ダニにやられたかと思い、布団を凄~く念入りにレイコップで吸いましたが、何か経験のない感覚にダニではないと思い皮膚科に行ってみると、帯状疱疹と診断され、薬で治るとの見立て。飲み薬と塗り薬を処方されました。ジェネリックにしときますかと問われ、何気なくハイと返事。調剤薬局で千円札2枚握って待っていると足りないのでビックリ。抗ウイルス薬ってヒジョーに高いんです。3300円也。
ジェネリックでなければ5000円以上との事。ジェネリックを選択した自らを内心ちょっと褒めました。
ジェネリックは先発の医薬品より効き目が悪いと医療関係者に聞いたことがありますが、それは、製品特許が切れても製法特許が有効なら、作り方が違い有効性に違いがでるのかなと推測。料理でも具材投入の順序が違えば味に大きく関係するのと同じでしょうか。
我々のお客様への提案も順序を間違えて失注って事、ありますよね。

この度、東京の印刷屋さんから絵本の挿絵にする原画スキャンのご依頼を頂きました。
わざわざ遠方からのご依頼、有難い事です。

描いたイラストの上に切り絵を施してある原画が40点。印刷データとして使うので、高解像度で色味を合わせて欲しいとのご要望。当社の原画用スキャナーの基本プロファイルは、地元の印刷屋さんと共同で作成したカラーバランス。CMYKモードでスキャン出来るのでほぼレタッチの必要がありません。
原画スキャンにはフラットベッドのA0サイズカラースキャナーが活躍しています。