お知らせ.情報コラム

スキャニングデータ 解像度とデータ容量の関係

以前 データのファイル形式について少しかきましたが
今回は解像度についてすこし…
紙文書をスキャニングするとき、用途に合わせて「解像度」を設定します。
解像度とは、原稿をどれだけの細かさで読み取るかを示すもので、
dpi(dot per inch)という単位を用いるのが一般的です。1インチあたりにどれだ
けのドット(点)を表現できるか、という値です。
解像度が高いほど、きれいな画像として読み込めますが、データ容量は大きくなります。
必要以上に高い解像度に設定すると、読み込みに時間がかかったり、データの受け渡しに
支障が出たりする場合もあるため、適切なdpiに設定する必要があります。
目安として、一般的な文書では200dpi、細かな文字や図表、写真などを高精細に表示す
る必要がある場合は300〜400dpiに設定されいていることが多いです。

スキャニングデータの容量は、白黒やカラーなどの階調設定によっても変わってきます。
画像は圧縮をかけないと容量がとても大きくなります。スキャニング時に最適な圧縮方式の画像
フォーマットを選ぶことが大事です。用途に合わせて適切なものを選ぶ必要になってきます。

お問い合わせ

ご相談・お見積もり依頼

メールでのご相談

    ※お問い合わせ頂いて2日以上担当からの連絡がない場合、サーバー上でメールがはじかれている可能性(添付ファイル容量オーバー等)がありますので、大変お手数ですが、直接お電話でのお問い合わせをお願い致します。






    お電話でのご相談

    お電話でのご相談

    お気軽にお問い合わせください

    079-281-2005
    営業時間:8:30~18:30 ※月〜金曜日
         8:30~17:00 ※第1・第3・第5土曜日
    定休日:第2・第4土曜日・日曜日・祝日