お知らせ.情報コラム

図面の電子化は「TIFF」or「PDF」?

今回は当社が得意とする図面の電子化について…

図面電子化のファイル形式では「TIFF」「PDF」この二種類が一般的です。書類などの電子化では一般的なPDFですが、大判図面(A2以上)ではPDFよりTIFFの方が図面の電子化では一般的です。もちろん大判図面でもPDF化は可能ですが、大型スキャナーメーカーでは TIFFのほうがメーカー側で標準仕様になっている事が多いです。それというのも大判サイズのPDFとTIFFでは出力する際にはTIFFの方がプリンター出力処理が早いことが多いからです。但し、グラフィック系のTIFF(非圧縮)のものではなく「TIFF G4」というTIFFの別のフォーマットです。図面では「TIFF G4」の方がお客様からの指定が多いです。

TIFF G4とは?

「G4」の「G」はなにか?といいますと「generation(世代)」の頭文字を意味し 「G4」とは第四世代と言い換えれます。さてこの「TIFF G4規格」というのは元々FAXの送信規格であって、一般的なFAXはG3規格の送信規格ですが、それよりももう一段先の画像圧縮の新しい規格です。一部のFAXでは既に利用されています。画像データは非常に綺麗に圧縮が掛かるのでFAXの際にはデータ通信料が抑えられ、通信コストがダウンできるメリットがあるフォーマットです。この技術を使った大型スキャニングのデータですが、スキャナーにおいても非常に綺麗に画像化でき、データ量も押さえる事ができるので、大型スキャニングによるデータ化に適したフォーマットと言えます。

お問い合わせ

ご相談・お見積もり依頼

メールでのご相談

    ※お問い合わせ頂いて2日以上担当からの連絡がない場合、サーバー上でメールがはじかれている可能性(添付ファイル容量オーバー等)がありますので、大変お手数ですが、直接お電話でのお問い合わせをお願い致します。






    お電話でのご相談

    お電話でのご相談

    お気軽にお問い合わせください

    079-281-2005
    営業時間:8:30~18:30 ※月〜金曜日
         8:30~17:00 ※第1・第3・第5土曜日
    定休日:第2・第4土曜日・日曜日・祝日