お知らせ.情報コラム

原稿(データの読み取り方)で変わるスキャナ

「スキャナ」とは、紙などの情報をデジタルデータ化するための読み取り装置のことですが、デジタルデータとして保存できるので、そのままパソコンで閲覧する、紙に印刷するなど、さまざまな加工やデータの活用が可能です。読み撮る原稿によりスキャナのタイプも変わってきます。以下は主なタイプとなります。

シートフィード型

紙を連続給紙して読み取ることができます。「ドキュメントスキャナ」と呼ばれることもあり、同じサイズの文書を大量に処理するのに適しています。

フラットベッド型

コピー機のように、原稿台に紙をセットして、データを読み取る方式。対象物を平置きして読み取ることができるため、厚みのあるものや、部分的な読み取りに対応しています

オーバーヘッド型(非接触型)

紙を平置きした上から、原稿面と接触せずに、上から光源を照射し、読み取るタイプです。冊子を裁断せずに、見開き状態のまま読み取れることから、蔵書をデジタル化するためのスキャナとして人気を集めています

当社では上記いずれも通常サイズから大きいサイズまでそろえていて、適材適所で作業します。

お問い合わせ

ご相談・お見積もり依頼

メールでのご相談

    ※お問い合わせ頂いて2日以上担当からの連絡がない場合、サーバー上でメールがはじかれている可能性(添付ファイル容量オーバー等)がありますので、大変お手数ですが、直接お電話でのお問い合わせをお願い致します。






    お電話でのご相談

    お電話でのご相談

    お気軽にお問い合わせください

    079-281-2005
    営業時間:8:30~18:30 ※月〜金曜日
         8:30~17:00 ※第1・第3・第5土曜日
    定休日:第2・第4土曜日・日曜日・祝日